美富うをみ

美富うをみ

告白をされても気づかないヤツと今日も鴨川べりに座った

0
美富うをみ

眠い目を細めるように閉まるドアあっけらかんと終電は去る

0
美富うをみ

前ぶれもなくやってくるその朝はいつもの朝でありますように

0
美富うをみ

月面をひとり歩いているようなあなたの無事を祈っています

0
美富うをみ

落ち武者のような夕陽を背にうけて残務整理のめどが立たない

0
美富うをみ

4分の1になっても売り物になる白菜のしたたかな意地

0
美富うをみ

「すみません、電話交換ですので」と告げて失うようなバランス

0
美富うをみ

いつまでも生きていかねばならぬとはクラーク記念館の耐震

0
美富うをみ

わたしたちコロナ時代を振り返るだろう砂場に落ちてるマスク

0
美富うをみ

ピノキオの鯨の腹の明るさのバスの車内の青白い息

0