野歌りん

野歌りん

健やかな世界の端でわたしたちなめらかに呪詛を吐き散らした

0
野歌りん

君の血と私の血とが針先で混ざり合ってる苦しみさえも

0
野歌りん

思いがけず母校の前を訪ねては初恋の欠片を見つけてる

0
野歌りん

うさぎ小屋が寂しくなった代償に花があること馬鹿馬鹿しくて

0
野歌りん

深夜二時 浜辺の砂を踏みしめて故郷の寂しい波音を聴く

0
野歌りん

その夜はあなたが護ってくれたから安心して私は眠れたよ

0
野歌りん

動かずに冷たくなっているうえにかつてはあなただった、それだけ

0
野歌りん

君の涙が伝い落ちアスファルトにぶつかったら熱がじゅわりと

0
野歌りん

映画かよ タップダンスが聞こえてる これから恋が始まるのかな

0
野歌りん

あなたに飽くことなどないと思っていたのに不思議だって微笑む

0