Coutarus ONAI

Coutarus ONAI

伸びきったマスクの紐と離縁した人のことばは耳に優しい

0
Coutarus ONAI

窓にまだ君の指紋の残りおり雨の消せない体温として

0
Coutarus ONAI

肩車する児は「つき」へ行けと言う今を逃せば行けないだろう

0
Coutarus ONAI

ウイルスに負けてもいいよ十字架の赤いネオンは月へ触れそう

0
Coutarus ONAI

君へ貸す夜風の色のパーカーのフードのうちにはりつく桜

0
Coutarus ONAI

心臓に毛が生えていて春風にそよげば君の町を歩ける

0
Coutarus ONAI

郵便の投函のたび指先は世界のふちの春風を押す

0
Coutarus ONAI

シャツにつく抹茶アイスの緑色 海から雨のはじまっている

0
Coutarus ONAI

木蓮の花は開けり君の名は手話で言ふならこんなかたちに

0
Coutarus ONAI

羽根つきの餃子の羽根を羽根もたぬ吾は箸もて音たてて割る

0