木村槿

木村槿

あれ桜だったらいいねと言っていたあなたと答え合わせがしたい

0
木村槿

ぺらぺらの毛布で寝れちゃうぼくだからあなたはぼくと別れてよかった

0
木村槿

本を読みながらおんなじ部屋にいてあなたの焚き火わたしの焚き火

0
木村槿

溺れてるふりをしているきみのこと焦るふりして助けに行くね

0
木村槿

夕焼けが染みこんだような顔をしてわたしに会いにくるひとがいる

0
木村槿

早咲きの菜の花みたく恋は来る曇天ぐうっと押し上げながら

0
木村槿

くちびる、とひらがなで書くはなびら、の類語みたいと気づいたら春

1
木村槿

ゆるやかなドリフトをして去っていくパトカーきょうもいい日でしたね

0
木村槿

ひだまりは大きな犬で窓際にわたしと犬の長い沈黙

0
木村槿

強風に(橋の上って生きたくも死にたくもなる)吹かれていたい

0