ひーろ

ひーろ

到着が早すぎたから開演を一番星のように待っている

0
ひーろ

打楽器を奏でるようにポケットというポケットに鍵をさがすひと

0
ひーろ

スタートの号砲はなくただ母が静かに腕をまくるキッチン

0
ひーろ

常温の暮らしの中にあのひとの傘だけずっと凍てついている

0
ひーろ

行き先も速さも違っていただろう自転車たちを積んだトラック

0
ひーろ

全身を雨の着地点にして佇んでいる止まれの標識

0
ひーろ

電車だけえんえん巡るジオラマのプラットホームで春を待つひと

0
ひーろ

実直なひとでありたいとりあえず午後の紅茶は午後に味わう

0
ひーろ

番犬に番犬らしく吠えられてわたしはわたしらしくのけぞる

1
ひーろ

さみしさを隠して綴る泣きながら泳ぐさかなのような手紙だ

0