羹鱠

羹鱠

君に逢ひ 君に惹かれて 君思ふ 霧の夜半にも 色もえなまし

0
羹鱠

舞うも散るも 知らぬとちぐさ 落つるなら 好みこのまま 風のまにまに

0
羹鱠

色秘めて 奏づ琴音を 知らずとも 萌ゆる春芽と 逢はんと思ふ

0
羹鱠

筆をとり 年の輪ひとつ また加え 君の歩みと ゆく我が身かな

0
羹鱠

染め薫り ときと過ぐるる 一年(ひととせ)を 思ひ慕ひて 君とあいゐる

0
羹鱠

風望む 過ぐる思ひに 空も葉も ときと流るる 色かはりけり

0
羹鱠

雪もふり 小春に咲き出 山茶花の 香る暦を ときと思ふや

0
羹鱠

鳴き涼む 夜風も虫も なにせんと 相居る君の 心にかかる

0
羹鱠

君ありて 色も暦も 冷めやらぬ 移らぬ暦も 君と過ぐれば

1
羹鱠

忘れじと 時ゆきにけり 白羽根を けふかぎりの わが身なるとも

0