屁の河童

春秋の花の時にも咲かざりしわが身古野の霜の下草

0
羹鱠

雪もふり 小春に咲き出 山茶花の 香る暦を ときと思ふや

0
春海

あたたかさに顔のぞかせた鎖骨から 滑り落ちるはじまりの風

0
塩本抄

苗床の役目を終えた教室の窓から春が吹き抜けてゆく

0
まちこ

蚊の羽音が聞こえて明かりをつけた青春が終わったことを知る夜

0
まちこ

ブランコが春の季語だと知ってから秋は一層寂しく揺れる

0
はるまま

歩きながら触れた手を握り返さぬことで知る思春期

0
さんさん母ちゃん

こんなにもふさわしい字に声漏れて只蠢いて蠢いて春

0
敷島羊狗

やがてくる春を知らない君のもと束の間羽根を休め居る冬

0
秋鵠空(さとあき)

春ひとり香開く曲り旅に日にひたり鎌倉光りと昼は

1