ふにふにヤンマー

焼け跡の白黒写真に彩色を施したれば甦る花

0
屁の河童

軒に這う蔦もすっかり色づいて時雨に暮れる山寺の秋

0
梅鶏

焼き色をじっと見つめて過保護とは焦げる際までわからないもの

0
飯塚隆二

ピエロだと名のる男の旅の果て強い日差しと原色の海

0
未来

モノクロの世界が色を帯びてゆく あなたの口から聞く経済論

0
藤瀬こうたろー

久々の景色眩しきコロナ明け夏を残して家路を急ぐ

0
中田満帆

水色の水充ちたればささやかな宴をともす深夜の酒席

0
羹鱠

君ありて 色も暦も 冷めやらぬ 移らぬ暦も 君と過ぐれば

1
宮本なぐり

唇に赤色のせてマスクする人のためじゃない私のために

0
宮本なぐり

美しい景色を君に見せたくて色まぜるたび鈍色になる

0