屁の河童

願わくはこの雨粒に身を変えて恋しい人の窓に沿いたい

0
世語 函式

突然の 雨に打たれて 我思う 二度とビニ傘の 整理はすまい

0
屁の河童

軒に這う蔦もすっかり色づいて時雨に暮れる山寺の秋

0
凪海

透きとおる命が水面を揺らしたのは雨の季節で、渇くくちびる

0
梅鶏

ぽつり、ぽつり庭木を濡らす雨のごと昔話が始まっていく

0
宮本なぐり

いつまでも止まない雨が降る中を歩く貴方に追いつきたくて

0
藍部みどり

ボツボツと傘の雨音楽しくて気づけば顔も「へんないきもの」

0
雨露

雨の音 紙擦れ合う音 ペンの音 熱い紅茶に一番合う音

0
優花凛

涙雨 心にも降る 今日限り 君の面影 水たまり映す

0
はるまま

ほっぺたの痛みと共に景色滲む ワタシの叫びをかき消す雨音

0