麻衣

麻衣

これまでは春が起点の人生で歩ききれない年の瀬にいる 0 (0)

0
麻衣

授業など忘れてくれていい君に後悔以外のものが残れば 0 (0)

0
麻衣

木枯らしが吹くと心が引き締まる先生だった日を思い出す 0 (0)

0
麻衣

東京で生まれ育った私の帰れぬ故郷のような貴方よ 0 (0)

0
麻衣

帰れない故郷のように思い出す道を違えた君の言葉を 0 (0)

0
麻衣

この間aikoを聴けるようになりもう誕生日思い出せない 0 (0)

0
麻衣

君には朝が似合わない 人波にいるはずがない分かってはいる 0 (0)

0
麻衣

気づいたら君の顔まで薄れてるもう引き返せない人生をゆく 0 (0)

0
麻衣

このまんまずっとスマホをみていたい明日のことなど考えないで 0 (0)

0
麻衣

精神が死んでゆく音さらさらと仕事のための早寝するとき 0 (0)

0