塩本抄

塩本抄

ただきみの安らぎを希う秋分の日に彼岸花咲き揃いたり

0
塩本抄

きっともう願いを叶えたのだろう観音堂の褪せた鶴たち

0
塩本抄

パンかしらおうどんかしらと囁いて黄金の風を成す麦畑

0
塩本抄

倒れても陽のある限り起きあがる台風一過のコスモス畑

0
塩本抄

花火まだ終わらないねと呟いたきみの真意を図りかねたい

0
塩本抄

排水が川へ流れて立つ波のどれもひかりの彫刻なのだ

0
塩本抄

約束を着ていく 台風が残したサマーニットのくすんだ青を

0
塩本抄

ひと晩で半分減ったカブトムシゼリーは銀河のいろをしている

0
塩本抄

初盆の歓談途切れ亡き祖母と水羊羹をすくっておりぬ

0
塩本抄

やさしさをまた間違えてコーヒーを飲めない量で渡してしまう

0