一色凛夏

一色凛夏

友人の子育て論を聞きながらショートケーキの地層を崩す

0
一色凛夏

委員会活動でしか話さない先生だけどとても優しい

0
一色凛夏

パーティーじゃないのにパーティー開けをして反射している光を見てた

0
一色凛夏

眠れずに聴いたラジオで新顔のハガキ職人切れ味が良く

0
一色凛夏

いつまでも君に朝日を見てしまう胸三寸の小さな海で

0
一色凛夏

同情を引くまでもなくかわいそうだと思われて それがくやしい

0
一色凛夏

「両親の影響です」と後輩の車でかかるZARD聴く夜

0
一色凛夏

重箱の隅をつつけばそれぞれの考え方が溢れる会議

0
一色凛夏

好きな人できたんですね爪先をきらきらさせて君は微笑む

3
一色凛夏

間違えて二番を歌い出すようについ「好きだ」ってフライングする

0