回文

袴田朱夏

初夏は確か兄から語る夜、高らかに明かした初夏は

1
秋鵠空(さとあき)

蓑虫舌もなく鳴くならず訪ひ人すらなく泣くな黙ししむのみ

1
秋鵠空(さとあき)

春ひとり香開く曲り旅に日にひたり鎌倉光りと昼は

1
秋鵠空(さとあき)

梓実の昨日の門解きし夏至ただし 景色ととのふ芒の今朝咲き

1
秋鵠空(さとあき)

虫の音の小庭をつたひて 樹々の葉の訊きて日経つを 葉にこの音のしむ

1
秋鵠空(さとあき)

黙球恋ひ浮雲そこ捜せ彼の日恋ひ野風かさこそ黙球飛行機雲

1
秋鵠空(さとあき)

抜け手綱期するは晴れの二鳫紋 彼に乗れば「春過ぎ夏闌けぬ」

1
秋鵠空(さとあき)

傘があの遠ざかる音問ふの間のふと通る傘音の赤坂

1
秋鵠空(さとあき)

神楽坂宵の雨澄む坂の地の傘、娘あの日よ傘落花

1
秋鵠空(さとあき)

神楽坂宵の雨退きさくらひら 草木の芽あの日よ傘落花

1