毒まんじゅう

マラソンは夏に走ると言い訳で無口な人も冗舌家に

0
藤田 宗祐

神輿担ぐ 君を男と 認めたる 激しき夏の 大社の祭り

1
海紀亜

今晩も2分半の夏を奏でる なくしたひとの代わりではなく

0
広葉樹

駆け抜ける三どめの夏かぜの街雲の向こうの気配よみつつ

2
屁の河童

一夏の海辺で燃えた思い出を産婦人科に捨てに行く秋

0
どんぐりママ

集う夏 皆の笑顔が 咲き誇り 写真に収まり それぞれの道

0
どんぐりママ

夏過ぎし 曼珠沙華咲く 散歩道 つるべ落としの 夕陽に押され

0
リオ

夜風に雲は流れて月出でる夏は去りゆく季節がめぐる

0
ひろ

古都の香を夏の名残りに忍ばせてなお妖妖し凌霄花

0
リオ

秋風に夏の名残の蝉法師 宵の鈴虫望月の唄

0