ふにふにヤンマー

焼け跡の白黒写真に彩色を施したれば甦る花

0
屁の河童

手を上げて招くススキの姿より男心をそそる白はぎ

0
屁の河童

山茶花の白きもあれど赤きのみおのがありかを告ぐる薄雪

0
クルクルバニー

空白の 人生のゆえ 命捨て 命を得たる 今を抱きしめ

0
羹鱠

忘れじと 時ゆきにけり 白羽根を けふかぎりの わが身なるとも

0
みどり

冷やすもの 摂るなと言われ 酷暑でも 白湯を飲むたび 生きた心地せず

0
字寺宵

あっけらかん見て見ぬフリの白い雲タマネギ臭い日曜終われ

0
雨露

忘却は幸福なのだとあなたは言う 白い小壷をそうっと撫でて

0
羹鱠

文綴る 解きぬ白妙 色めかし 明くる短夜 徴さずあらむ

0
羮鱠

文綴る 解きぬ白妙 色めかし 明くる短夜 徴さずあらむ

0