ランキング

ランキング(過去1か月)


評価を集めた歌

ゆひ
17

題『自由詠』

勇敢なものを勇者と呼ぶのなら勇者だらけの新生児室


しまろく
17

題『嘘(テーマ詠)』

うん元気ちゃんとやってる大丈夫散らかる部屋に背を向け話す


ゆひ
17

題『坂』

坂道を転がるたびに削られて今は優しい光の原石


Hi
17

題『伝』

伝令を務める球児さわやかに記録に残らず記憶を残す


高木
17

題『死』

死後何を着て何処で会うか大福を食べつつ夫と予定を立てる


七つ八つ九つ十
16

題『飲み物(テーマ詠)』

お揃いの浴衣で登る石段で 湯上り冷ます瓶入りラムネ


行雲流水 破調編
15

題『テレパシー(テーマ詠)』

公園で 耳をすませば聞こえくる 花や小鳥の笑いあう声


ゆひ
15

題『ポイント(テーマ詠)』

一日が終わったことの証明にポイントもらうお月様から


斑沢鵟
15

題『風呂(テーマ詠)』

招かれた家で知らないシャンプーの知らない香りに包まれている


しまろく
15

題『楽器(テーマ詠)』

四月から週を追うごと上手くなる誰が吹くのか夕のリコーダー


しまろく
15

題『漫画(テーマ詠)』

いくつもの吹き出しの中の名台詞今も心の中で輝く


月ノ夜 葵
14

題『感』

感情を満員電車の網棚に置いて無になり会社に向かう


ゆひ
14

題『一人暮らし(テーマ詠)』

自由とは邪魔をされないことでなく野菜を切るとき泣けることとか


月ノ夜 葵
14

題『自由詠』

あじさいの花の一部になりたくて青色の傘差す雨の朝


行雲流水 破調編
14

題『平』

平凡な日常の中で出る仕種 年を重ねて母に似てきて


めるへん
14

題『カーテン』

カーテンを開けることなく明るくて夏の朝日は寝坊許さず


パパ猫
14

題『カーテン』

さよならをしたあと君が振り返るカーテンコール待っている道


パパ猫
14

題『きっと』

立ち止まり思わず見てるこの花もきっと見ている私の心


パパ猫
14

題『仕』

忠実に人びとのため瞬いて夜の女王に仕える星ぼし


ゆひ
13

題『題』

題名を忘れた歌を繰り返し繰り返し聞く繰り返し泣く


月ノ夜 葵
13

題『自由詠』

水たまり避けずに歩く紫陽花の道新しいレインブーツで


行雲流水 破調編
13

題『選』

選抜に外れたチームの補欠でも 私は見てる君の頑張り


しまろく
13

題『一人暮らし(テーマ詠)』

「あ満月」窓際で今日一言も発さなかったと気づく日曜


月ノ夜 葵
13

題『みたい・みたく』

こんな固い蕾みたいな私でも置かれた場所で咲いてみせます


行雲流水 破調編
13

題『ポイント(テーマ詠)』

君からのイイネのポイント貯めたけど取り扱いの説明書がない


七つ八つ九つ十
13

付句『もう私しかいないのに』

会社にはもう私しかいないのに 気配感じる見ないフリしよ


月ノ夜 葵
13

題『坂』

坂道をぐんぐん加速して下る背中押してる夏風に乗り


七つ八つ九つ十
13

題『線』

線分を自由に動く点Pよ お前はいいなぁどこでも行けて


パパ猫
13

題『保』

へこんだりとんがったりのこの心なるべく丸く保てるように


行雲流水 破調編
13

題『明』

明日には元気になるから今日だけは泣かせておくれ無常の月よ


【月間表彰】最も評価を集めた歌
素敵な歌を作るためには

良い作品を生み出すためには様々な方法があると思います。

1.具体性
良い歌は読み手の頭の中に映像を浮かび上がらせることに成功していると思います。具体物を上手に入れることで歌は良くなるはずです。

2.理のないリアリティ
論理的には結びつかずとも、景と情が適度な距離感で結びついていることは良い短歌になる一つの要素だと思います。適度な飛躍や、無理のない連想がポイントだと考えています。

3.想いを託す
読み手がいることを忘れない。読み手が受け取って短歌は完成する。カッコつけたフレーズや、読み手が置いてけぼりな表現は敬遠される理由になります。

創作のヒントになれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました